良い決断をするために当サイト管理人の人生も結婚や転職など大きな決断が何度かありました。その決断の全てが正しかったとは思いませんが、自分で決めて生きてきた中で学んだことは大きかったと感じており、そうした決断の大切さを伝えるために当サイトを運営しています。

特集トピックス

  • 結婚前に確認すべきこと 結婚前に確認すべきこと

    恋愛気分の延長で結婚を決断しようとしている場合は一度冷静になりましょう。もちろん恋愛結婚は素晴らしいのですが、結婚には恋愛感情以外に価値観の一致などもとても重要であり、子育てについてやお金のことについてどう思っているのか話し合うことが必要です。

  • 人生の大きな転機「転職」 人生の大きな転機「転職」

    転職はとても大きな人生の転機であり、良い転職を実現できれば一気に人生は良い方向に転がりだします。しかしその一方で転職に失敗してしまうと人生はどんどん悪い方向へ転がってしまいます。良い転職にするためには、日頃からの情報収集がとても大切になります。

  • 生活が一変する「結婚」 生活が一変する「結婚」

    独身の方には想像がつきにくいかもしれませんが、結婚によって大きく人生は変わります。だからこそ結婚の決断には慎重になりましょう。見送り三振のような行為は慎むべきですが、結婚相手として相応しくない相手との結婚は避ける必要があります。

2016.09.04

生活が一変する「結婚」

結婚は人生を決める

人生を変える結婚

結婚によって人生は大きく変わるということに異論があるという方はほとんどいないでしょう。なぜなら結婚をするということは生涯を共にし、日常生活の時間や社会生活、経済的な基盤などをともにする相手を選ぶという行為だからです。もし結婚相手があなたのパートナーとして適切な方であればあなたの人生はとても幸せなものになるでしょう。しかしその逆に結婚相手があなたのパートナーにふさわしい人でなければあなたの人生はとても不幸なものになってしまうのです。
ただ、そうは言っても重く考える必要はありません。なぜなら結婚をしないという選択肢もあなたの人生にはあるからです。異性にもてるもてないといった理由や、経済的な基盤の有無、あるいは何か家族の特別な事情などで結婚ができないという場合は辛いかもしれませんが、個人的な心情として非婚を選択する場合はそれも生き方であり、他人に否定されるいわれはありません。事実フランスなど先進的な国では結婚などの家族に関する制度も進んでおり、独身でもパートナーと子どもを設け育てやすい環境づくりに力をいれるなど、必ずしも結婚をしなくとも良い社会作りに励んでいます。

結婚による幸せと不幸せ

ただフランスの例は持ち出してみてもここは日本であり、多くの方が結婚を希望していることでしょう。そのため結婚することで幸せになる人とはどういった人なのかといことを考えることが重要です。まず一番は自分が本当に愛する、一緒にいたいと思える人と結婚できるかどうかでしょう。共に生活をする人を選ぶことが結婚をするということなので、愛せない相手とは結婚をしてはいけません。これは必ずしも恋愛結婚をしなければいけないという話ではなく、長くパートナーシップを結ぶ上で信頼出来る尊敬できる相手と結婚するべきだという意味です。そういった相手には自然に愛情を感じることが出来るからです。
また逆に不幸になる例は自分の愛せない、尊敬できない人と一緒になってしまうことでしょう。これは言い換えると価値観を共有できない相手と結婚したら不幸になるということでもあります。価値観を共有できない相手はどうしても長く愛することや尊敬することが難しいからです。卑近な例で言えば例えばあなたが衛生的に暮らすことを重視しているのに、相手がそうでなければ掃除を手伝ってくれないでしょうしマメに部屋を片付けようともしないためストレスが溜まることでしょう。当初は恋愛的な気分の盛り上がりがあったとしても、その様な相手に対しては徐々に気持ちが冷めてしまいます。
結婚は人生の一大事だからこそ、価値観が一致し愛せる人と結婚するべきなのです。

おすすめ記事!

転職した方がいい会社の特徴転職した方がいい会社の特徴

1社目の就職先で恵まれた会社に出会いそこで長く働くことが一番理想的かもしれませんが、全ての人の人生がそう上手くはいきません。労働条件が劣悪であったり人間関係に問題があったりする会社も多いのです。残念ながら仕事環境として好ましくない会社にいる場合は思い切って転職した方が賢明です。