良い決断をするために当サイト管理人の人生も結婚や転職など大きな決断が何度かありました。その決断の全てが正しかったとは思いませんが、自分で決めて生きてきた中で学んだことは大きかったと感じており、そうした決断の大切さを伝えるために当サイトを運営しています。

特集トピックス

  • 結婚前に確認すべきこと 結婚前に確認すべきこと

    恋愛気分の延長で結婚を決断しようとしている場合は一度冷静になりましょう。もちろん恋愛結婚は素晴らしいのですが、結婚には恋愛感情以外に価値観の一致などもとても重要であり、子育てについてやお金のことについてどう思っているのか話し合うことが必要です。

  • 人生の大きな転機「転職」 人生の大きな転機「転職」

    転職はとても大きな人生の転機であり、良い転職を実現できれば一気に人生は良い方向に転がりだします。しかしその一方で転職に失敗してしまうと人生はどんどん悪い方向へ転がってしまいます。良い転職にするためには、日頃からの情報収集がとても大切になります。

  • 生活が一変する「結婚」 生活が一変する「結婚」

    独身の方には想像がつきにくいかもしれませんが、結婚によって大きく人生は変わります。だからこそ結婚の決断には慎重になりましょう。見送り三振のような行為は慎むべきですが、結婚相手として相応しくない相手との結婚は避ける必要があります。

2016.09.27

売り手市場の業界へ転職

良い業界へ転職する

売り手市場の業界へ転職

今の職場に明らかに問題が大きく実際に転職活動を行おうという時にどうすれば良いのかを考えてみましょう。この時に大切なのが自分自身の現状をメタ認知することであり、戦略的な判断をすることです。メタ認知とは聞き慣れない言葉かもしれませんが心理学の世界では非常にポピュラーな言葉であり、自分の状況を外部から俯瞰的に客観視することを指します。そしてこの俯瞰的な客観視、つまりメタ認知が転職活動においてはとても重要になります。
例えば募集人材の人数が1名で応募者が100名いるような求人に応募したとしても採用される確率はほとんどありません。しかしその逆に募集人数が20名で応募者が15名というような売り手市場の求人への応募であれば採用可能性がかなり高くなりますし、給与や勤務時間など労働条件などに関する希望も通りやすくなります。このようにどのような求人に、ひいてはどのような業界に対して応募をするのかという志望業界の選定を俯瞰的な視点で行うことが、転職活動の戦略判断ではとても重要になります。そこでここではさらに踏み込んで実際に応募数に対して求人数が上回っているような売り手市場の転職市場を具体的に見ていきましょう。

建設関係

特に身体の丈夫さに自信のある方は、まずは建設関連の業界について見ていくと良いでしょう。2011年に起きた東日本大震災の復興需要や2020年の東京オリンピックに向けたインフラ需要によって建設業界の需要が膨らんでおり、人手不足が深刻なのです。なお実際に建設関連に転職をしようという場合は、地域ごとの求人情報が豊富で掲示板による情報交換もできる職人さんドットコムの利用がおすすめです。

職人さんドットコム

IT関係

成長著しいIT業界も万年人手不足で人材需要が大きく、転職希望者には売り手市場の業界です。2000年前後から進み続ける社会のIT化はとどまるところを知らず、今後も多くの仕事が誕生していくでしょう。なお一口にITの仕事と言ってもWeb関連もあればネットワーク関連、それにサーバー関連など多種多様な仕事があり、転職サイトを活用する場合はそうした職種による求人情報の切り分けを丁寧に行ってくれているサイトがおすすめです。そのような意味でタスカールは職種や希望スキルによる求人の切り分けに力を入れており使い勝手の良いサイトです。

タスカール

飲食関係

飲食の仕事も常に人手が足りていないので売り手市場の業界と言って良いでしょう。飲食の求人もITと同じく和食や中華など専門が細かく分かれていますので、専門ごとに求人を探せるグルメキャリーのような転職サイトを活用するのがおすすめです。

グルメキャリー

介護関係

介護に関する仕事も人手不足が続いており、今後も社会の高齢化は進んでいくことからその状況は続くことが予測されています。また介護の仕事は資格職のため、キャリアを積んで資格の取得ができればその後の生活にも困りません。なお介護に関する求人を探す場合は掲載求人数も多く、職種やこだわりの条件で求人検索が可能なきらケアの利用がおすすめです。

きらケア

おすすめ記事!

転職した方がいい会社の特徴転職した方がいい会社の特徴

1社目の就職先で恵まれた会社に出会いそこで長く働くことが一番理想的かもしれませんが、全ての人の人生がそう上手くはいきません。労働条件が劣悪であったり人間関係に問題があったりする会社も多いのです。残念ながら仕事環境として好ましくない会社にいる場合は思い切って転職した方が賢明です。