良い決断をするために当サイト管理人の人生も結婚や転職など大きな決断が何度かありました。その決断の全てが正しかったとは思いませんが、自分で決めて生きてきた中で学んだことは大きかったと感じており、そうした決断の大切さを伝えるために当サイトを運営しています。

特集トピックス

  • 結婚前に確認すべきこと 結婚前に確認すべきこと

    恋愛気分の延長で結婚を決断しようとしている場合は一度冷静になりましょう。もちろん恋愛結婚は素晴らしいのですが、結婚には恋愛感情以外に価値観の一致などもとても重要であり、子育てについてやお金のことについてどう思っているのか話し合うことが必要です。

  • 人生の大きな転機「転職」 人生の大きな転機「転職」

    転職はとても大きな人生の転機であり、良い転職を実現できれば一気に人生は良い方向に転がりだします。しかしその一方で転職に失敗してしまうと人生はどんどん悪い方向へ転がってしまいます。良い転職にするためには、日頃からの情報収集がとても大切になります。

  • 生活が一変する「結婚」 生活が一変する「結婚」

    独身の方には想像がつきにくいかもしれませんが、結婚によって大きく人生は変わります。だからこそ結婚の決断には慎重になりましょう。見送り三振のような行為は慎むべきですが、結婚相手として相応しくない相手との結婚は避ける必要があります。

2016.09.02

大切なのは決断力

自分で決めよう

人生は決断の連続

人生は決断の連続だと言えるほど多くの選択によって構成されています。それは日常生活の中の些細なこともあれば、結婚や転職など人生を大きく変えてしまうような大きなことに対する決断も含みます。そして人生が決断の連続だからこそ、決断力を磨くことを人生の中で重視していくと良いでしょう。そうすることでより豊かな人生を歩めるようになるからです。

決めることの重要性

例えば結婚の決断であれば本当にこの人と結婚して良いのか、他にもっと良い相手がいるのかと悩むかもしれません。そのように悩みを抱えることはとても自然なことで、男性であっても女性であってもどのようなパートナーと一緒に過ごすのかによって人生は大きく変わってしまいます。慎重になるのも当然のことと言えるでしょう。しかしだからと言ってだらだらと決断を後に延ばすような行為をしてしまっては自分自身にとっても相手にとっても良くありません。長く恋愛関係を続けているのに、結婚のタイミングを失ってしまい関係性がだらけてしまったカップルは大勢いますがそうした失敗は避けて欲しいのです。また転職の決断も新しい世界に踏み出すのは勇気のいることであり簡単に行えることではないでしょう。
しかし、今の職場で身体的な問題や精神的な問題を抱えてしまっているような場合は決断の遅れが大きなダメージとなってしまうことがあります。また転職先の求人だっていつまであるのかわかりません。先方の事情もあるので決断を延ばすわけにはいかないというのもありますし、自分自身の転職市場での価値にも目を向ける必要があります。基本的に若ければ若いほど転職市場では有利であり、決断の遅れは自分の可能性を狭めることにしか繋がりません。

自分で決める

このように人生の決断シーンの中では決断力を発揮して結論を出すことが求められます。そしてそうしたことを続けていくから自分の中で決断力が磨かれていくのです。そうした意味では子どもの頃から自主性を重視されて育てられてきた人の方が有利と言えるかもしれません。しかしそうでなかったとしても、今から自分自身で何事も決断をしていくことで決断力は磨かれていきます。
そして一番いけないのは自分から主体的に決断をせずに周りの意見や状況に流されて生きてしまうことです。そうした生き方は自分の中の責任感を薄れさせ、何かあった際に言い訳しやすい状況を作れるので楽なのですが自分の中の決断力はいつまでたっても磨かれません。決断は例えば失敗しても後から軌道修正し挽回するという選択肢もあるので、失敗を恐れず自分で決断をしましょう。むしろ失敗の経験があるからこそ決断力に磨きかがかかる部分もあるのです。 このサイトではこうした決断力の重要性や人生の大事なシーンで正しい決断をするためのポイントをお伝えしていきます。

当サイト管理人の連絡先

なお当サイトの管理人に対するご意見ご要望、それに質問などはjinsei_ketudan@yahoo.co.jp(@を半角にしてください)までお寄せください。

おすすめ記事!

転職した方がいい会社の特徴転職した方がいい会社の特徴

1社目の就職先で恵まれた会社に出会いそこで長く働くことが一番理想的かもしれませんが、全ての人の人生がそう上手くはいきません。労働条件が劣悪であったり人間関係に問題があったりする会社も多いのです。残念ながら仕事環境として好ましくない会社にいる場合は思い切って転職した方が賢明です。