良い決断をするために当サイト管理人の人生も結婚や転職など大きな決断が何度かありました。その決断の全てが正しかったとは思いませんが、自分で決めて生きてきた中で学んだことは大きかったと感じており、そうした決断の大切さを伝えるために当サイトを運営しています。

特集トピックス

  • 結婚前に確認すべきこと 結婚前に確認すべきこと

    恋愛気分の延長で結婚を決断しようとしている場合は一度冷静になりましょう。もちろん恋愛結婚は素晴らしいのですが、結婚には恋愛感情以外に価値観の一致などもとても重要であり、子育てについてやお金のことについてどう思っているのか話し合うことが必要です。

  • 人生の大きな転機「転職」 人生の大きな転機「転職」

    転職はとても大きな人生の転機であり、良い転職を実現できれば一気に人生は良い方向に転がりだします。しかしその一方で転職に失敗してしまうと人生はどんどん悪い方向へ転がってしまいます。良い転職にするためには、日頃からの情報収集がとても大切になります。

  • 生活が一変する「結婚」 生活が一変する「結婚」

    独身の方には想像がつきにくいかもしれませんが、結婚によって大きく人生は変わります。だからこそ結婚の決断には慎重になりましょう。見送り三振のような行為は慎むべきですが、結婚相手として相応しくない相手との結婚は避ける必要があります。

2016.09.08

決断する前に知っておくべきこと

大事なことを知っておこう

正しい決断をするための考え方

例えば今晩の夕食で何を食べるのか、もしくはこの冬に買うコートを何にするのかなど小さな決断も日常生活の中にはたくさんあります。そしてその様な決断は例えば失敗してしまったとしてもそれほどダメージがありません。しかし例えば自分に告白してきてくれた異性がいたとして、その人と付き合うかどうかや、転職活動をしていて複数内定が取れた時にどの企業に行くのか、あるいはそもそも進学か就職かどちらを選ぶのかなど大きな決断も人生には存在し、そうした大きな決断での失敗は簡単に取り返せないという特徴があります。だからこそより充実していて幸福な人生を送っていくために、決断のためのノウハウや決断前に考えておくべきポイントというのを掴んでおきましょう。そのポイントはいくつかあるのですが特に迷った時にどうするか、他人のことも考えたか、自分自身の価値観に嘘はついていないかなどが重要なテーマになります。

迷ったかどうか

決断をするべき内容が結婚や転職など人生の一大事に関する事柄の場合、多くの方が決断前に様々な葛藤を抱えたり迷ったりします。そのため迷っている際の決断のポイントというのはとても大切なことなのです。そもそも決断前に迷った場合には迷いながらも無理矢理答えを出す場合と、答えを出して決断すること自体を保留する場合の2つがあります。そして実はその2つのうちどちらが正解ということはありません。ただ場合によってどちらを選ぶべきかが変わってくるのです。端的に言いますと決断に誤りがあって失敗した時に、その経験による学習価値が失敗の損失を上回りそうな場合は迷っていても仕方ないので無理矢理決断しましょう。逆の場合は決断を一旦保留にして情報収集をやり直したほうが無難です。

他人のことを考えたか

また決断前に考えるべきこととして、その決断をすることで影響を与える可能性が高い人のことはなるべく全員考える様にしましょう。例えば結婚であれば確かに2人の将来に関する問題かもしれませんが、両家の両親や兄弟などの家族も巻き込む行為であり、自分たちの結婚がその人たちにどう思われるのか、どんな影響を与えるのかも考えることが大切です。

自分自身の価値観に嘘はないか

最後のポイントは自分自身の気持ちや価値観に嘘のない決断が出来たかどうかです。特に多い失敗は人の目を気にして見栄や虚栄心を満足させるための決断をしてしまうことです。これは他人のことを考える行為とは似て非なるものであり同じではありません。こうした理由による決断は将来困った自体を招くことが多いので注意しましょう。

おすすめ記事!

転職した方がいい会社の特徴転職した方がいい会社の特徴

1社目の就職先で恵まれた会社に出会いそこで長く働くことが一番理想的かもしれませんが、全ての人の人生がそう上手くはいきません。労働条件が劣悪であったり人間関係に問題があったりする会社も多いのです。残念ながら仕事環境として好ましくない会社にいる場合は思い切って転職した方が賢明です。